スポンサードリンク

税金について

年金の税金計算について

年金を受給し始めると、これで老後は一安心ということにはなりますが、税金の問題はついて回りますから、注意が必要です。

掛かってくるのは所得税で、一般的な給与所得と同様、原則としては、源泉徴収という形で天引きされます。

また、年金を受給しながら、労働収入も得る場合には確定申告も必要です。

どの位、源泉徴収されるのか、または、確定申告で納税する必要があるかには付いては、確認しておいたほうが良いでしょう。

税金計算は所得額から、保険料などを差し引き、基礎控除などの各種控除を適用するので、自身で行うとなるとなかなか面倒なものです。

こういう時には、便利なツールや頼れる相談役がありますので、それらを活用してくと良いでしょう。

 
スポンサードリンク
 

年金の税金計算、シュミレーションについて

年金から所得税を導き出す方法は、かなり複雑な計算が必要になるので、まずは、オンラインのシュミレーションサービスを利用してみることもできます。

給与所得や配偶者控除、雑所得、保険料など多彩な項目がありますが、これらを正確に入力すれば、それだけ確実性の高い税金計算が行われます。

簡易なものもありますが、この場合はあまり、精度は高いとは言えませんので、一つの目安として考えておくことが大切です。

これらのオンラインサービスは、無料で公開されている場合が多いので手軽に活用できるでしょう。

確実な結果を求めるならば、計算を任せられる存在が税理士です。

税金シュミレーションも業務範囲ですから、相談してみるのも選択肢でしょう。

雑所得の税金計算について

年金を受給している場合、税金計算に絡んでくるのが雑所得です。

これは株式や投資信託をしている際に得られる配当や、貸金の利子、近年ではアフィリエイトやオークションを楽しまれている場合もあるかも知れませんが、それらの収益も含まれ、課税されてきます。

また、個人年金も、これに含まれてきます、この雑所得は一定条件を越えた場合には、確定申告の必要が出てきますので、この分についても、計算をしておきたいものです。

計算の際には、単純に当てはまるものを足していくだけではなく、必要経費として控除できる部分もありますから、そういった点で節税を考えていくことも出来るでしょう。

詳しくは税務署に問い合わせたり、税理士に相談できます。

退職金の税金計算について

老後の暮らしを支えてくれる年金ですが、退職後しばらくは無収入で、退職金を活用しながら、年金受給まで暮らしていくという方もおられるかも知れません。

この退職金は、所得税の対象として扱われていますので、やはり、ある程度は税金として納めなければなりません。

税金計算の場合には、退職所得控除が受けられますから、一般的な給与所得よりも税金の負担は抑えられます。

退職所得控除は勤続年数などによって変動してきますので、この点は要注意でしょう。

計算自体はそこまで難しいものではありませんが、税率は割と頻繁に変わりますし、実際には住民税や復興特別所得税なども関わってくるので、細かな点まで正確に計算するには、気をつけておきたいこともあります。

 
スポンサードリンク