スポンサードリンク

東証について

東証の銘柄一覧について

東証の正式名称は、株式会社東京証券取引所で、日本を代表する金融商品取引所となっています。

世界的にも大規模な金融商品取引所として海外でも存在感を放っており、上場会社数は数千に登ると言う、圧倒的な規模です。

そんな東証の取扱銘柄は、かなり多数となっていますが、銘柄一覧で手軽に確認して行くことが可能です。

公式ページでも一覧は入手することは出来ますが、これは、Excelファイルをダウンロードする必要があります。

より手軽に閲覧するには、銘柄一覧を公開しているオンラインサービスが幾つかあるので、それらを活用していくといいでしょう。

一部、二部の他、マザーズなどの銘柄も確認することが出来、時価総額などで並び替えも出来るので便利です。

 
スポンサードリンク
 

東証、リート指数について

東証リート指数とは、東京証券取引所で取り扱っている不動産投資信託商品の、全銘柄を対象としている指数です。

REIT指数と表記されることもあります。

REITと言うのは、これはそのまま不動産投資信託をさしています。

自身がオーナーになるのではなく、あくまでも不動産運用に投資する形で、配当利益などを得ていくという仕組みの投資商品です。

この東証リート指数を確認することで、日本国内でのREITの状態がどうなっているのかを把握するのに、利用価値が高いものとして認識されています。

これから不動産投資信託を始めたいとお考えの方には、絶対に覚えておきたいものと言えるでしょう。

こちらも、公式ページやオン欄サービスで確認出来ます。

東証、ホームページについて

株式投資や不動産投資、先物取引など、そろそろ投資を始めてみたいという方にも、オンラインで投資に役立つ情報を集めたいという方にも、

東証のホームページは目を通しておきたい、おすすめのものとなっています。

投資に関しての色々とためになる情報が多く、基礎的な知識を集めるにも役立ってくれるはずです。

また、便利なのがマイポートフォリオというシステムで、気になった銘柄の株を登録しておけば、その最新情報を手軽に調べることが出来ます。

加えて、マイポートフォリオでは、購入株数や単価などを入力しておくと、自動でリアルタイムに損益計算がされますので、

この点でも利便性は高いでしょう。

各種指数も豊富なものを確かめられますし、情報収集の際には、役立つホームページと考えられます。

東証一部、銘柄コード一覧について

東証一部に上場している企業の、銘柄コード一覧は、東京証券取引所のホームページからExcelファイルをダウンロードすることで確かめることが出来ます。

現在では、1300番代から9000番代のコードが運用されており、業種によって各銘柄にコードが割り当てられています。

コードを覚えておけば、検索などで便利に使えるので、気に入った会社のものは覚えておいてもいいでしょう。

Excelファイルのダウンロードが面倒だったり、このタイプのファイルが動作しない環境の場合は、他に、各コードを公開しているホームページもあるので、そちらを利用していくのも悪くありません。

いろいろ試してみながら、自身にとって使いやすいものを、選んでいくと良いでしょう。
日本取引所グループ(東証)→http://www.jpx.co.jp/

 
スポンサードリンク