スポンサードリンク

カレンダーについて

2018年のカレンダーについて

2018年のカレンダーはご用意できているでしょうか。

2017年も後2か月程に迫り、新しい年を迎えようとしています。

そこで新年を迎えるにあたって必ず必要になるのがカレンダーです。

毎年多種多様なデザインが販売されます。

日めくりや週めくり、壁掛け型や置型、写真入り等様々です。

これに関しては好みが分かれるため、各々が好きなものを購入して仕事場のデスク、自宅にと大活躍です。

インテリアにもなりうるので、お洒落重視で選んだり、またコレクションも楽しみの一つです。

ただ予定表として使用するだけで終わるのではなく、昨今のデザインから様々な用途を考えるのも楽しいです。

是非用途を考え、またそれに適したものを適切な分だけ買うのが正しいです。

 
スポンサードリンク
 

昨今2018年のカレンダーは現物だけに限りません。

勿論スマートフォンやパソコンのデスクトップに用いるのも使い方の一つです。

その際に役立つのが無料でダウンロードできるものです。

ちゃんと年間通してのものや1月ごとに変えられるものまで様々あります。

これらもまたスマートフォンやパソコンを彩るコンテンツの一つとして人気を博しています。

またこうしたダウンロードのものはオリジナルで制作することもできます。

暦の配置さえ覚えてしまえば、画像編集に長けている方であれば速攻で作れます。

今カレンダーは購入する以外にも無料で手に入れる、作るという手法があります。

金をかけるなんて、という方がいるほど、今手に入れやすく、また身近な時代になっているのです。

2017年のカレンダーについて

では2018年が訪れると同時に不要となる2017年のカレンダーをどうしているでしょうか。

大抵の方は捨てるという選択をするでしょうが、前述した通りインテリアにもなりうるものです。

つまり過去のカレンダーを飾っていたところで、時代遅れと思われるようなデザインのものを購入すれば愛着のあるものでも捨てずに飾っておくことができます。

見栄えも良く、アクセントにもなるので、自宅に飾る分にはとても良いインテリアコンテンツです。

不要になったり古くなったものも活用次第では様々なものに化けることができます。

こうした資源を大事にする取り組みはインテリアの目線だけでなく、環境的な目線においても高い評価を得ることができます。

不要になった2017年のカレンダーは取っておくのが吉ですが、ではダウンロード版の画像やgifとしてのカレンダーはどうでしょうか。

デスクトップに設定できる画像は1枚のみのため、過去のものを設定しておくわけにはいきません。

しかし年間通して使ったものなので、無料とはいえ手放すのも、といった方にお勧めの方法があります。

今印刷技術は進化してきており、家庭でも簡単にネット上の画像を印刷することができます。

たとえ他者が作ったものでも商法利用しない限りは著作権問題も平気です。

お気に入りの画像はプリントアウトして現物として残してしまいましょう。

そうしたことにより新たなインテリアに生まれ変わる大切な思い出となります。
カレンダー ダウンロード→http://happyprintable.com/index.html

 
スポンサードリンク