スポンサードリンク

投資信託について

投資信託基準価格一覧について

投資信託にチャレンジするには、ある程度の知識も必要です。

それには、幾つかの専門用語を知っておくことが大切です。

まずよく使われる言葉に基準価格という言葉があります。

これは株などを購入したり、逆に換金したりする場合に基準となる、一口あたりの標準的な価格です。

購入や売却時には、この値段を元に取引が行われます。

算出方法としては、資産の中でも投資家に帰属する純資産総額を、投資信託の口数で割ると、それが一口あたりの値段となります。

また一覧が公開されるのは、取引の申し込みが締め切られた後になります。

市場が開いている平日の日中、株価は次々に変動しますが、投資家は当日の金額を知らない段階で取引をします。

これはブラインド方式と呼ばれるやり方です。

またホームページや新聞でも発表されるので、不特定多数の人が見ることができます。

 
スポンサードリンク
 

投資信託を始めようと思った場合、初心者が迷うのが銘柄選びです。

しかし各銘柄の基準価格一覧が、証券会社のホームページなどに公開されているため、それを見ながら将来性のある銘柄を選ぶことができます。

またチャートや運用実績などを見ることもできるので、参考になります。

例えば、大手の証券会社のホームページにはファンド比較機能やファンド絞り込み表示、リターン計算などの機能があります。

口座を開設すれば、投資信託に関するメールサービスも受けられます。

基準価格の一覧や前日比なども、わかりやすく表にして表示されます。

ファンドの絞り込み表示は、資産別や地域別、テーマ別などに切り替えることも可能です。

その他、お気に入りのファンドを登録することもできますので、投資家たちに好評です。

わからない点は、証券会社のサポートデスクなどに問い合わせることもできます。

証券会社の他に銀行のホームページでも、投資信託基準価格一覧を見ることができます。

各銘柄の直近の基準価額や純資産価額、さらに騰落率も閲覧可能です。

使い方としては、どの銀行のホームページも似た感じで構成されており、銘柄名をクリックすると、それぞれの運用実績や申し込み情報が表示されます。

国内債券だけでなく海外債券についても、PDFによる月次レポートも読めます。

また株や投資情報に関するスマートフォン用のアプリもあって、更新された当日の価格をプッシュ通知で知らせてくれる機能が便利です。

通常、毎営業日の21時から22時に更新されますが、アプリがあれば、スピーディに最新情報に目を通せます。

また、国内の株式や投資信託に関するニュース、さらに直近分配金や購入時手数料まで読めます。

その他、人気のiphoneアプリなら、純資産や信託報酬も閲覧でき、外出先でもファンドのチェックが行えます。

投資信託基準価格一覧

各サイトでご覧頂けます
基準価額一覧 | 投資信託なら三菱UFJ国際投信→https://www.am.mufg.jp/f_info/list/index.php
ファンド・基準価額一覧 / ファンド情報 / 大和証券投資信託→http://www.daiwa-am.co.jp/funds/search/list/index.html
野村アセットマネジメント | 投資信託情報 | 基準価額一覧→https://www.nomura-am.co.jp/lineup/price/

この他にも多数サイトはございますのでご覧頂く事が可能です。

 
スポンサードリンク