スポンサードリンク

ルート検索について

ドライブナビルート検索について

車に乗って移動をする場合、知っている道であれば問題ありませんが、知らない道であると目的地に着くまでとても時間がかかってしまいます。

地図を見ながら進む場合、何度も確かめながら移動しなければいけないので、とても大変です。

そのような時に便利なものがドライブナビルート検索になります。

地図を見ながらとは違い、最適なルートを探してくれるので、時間もかけずにすぐに向かうことができます。

これの良いところは、車のナビなどについている機能であり、一般道や有料道路、距離などどれを優先するのか決めることができ、最適なコースを導き出してくれます。

行きも帰りもナビを使うことで、迷わずに移動することができるので、安心して運転することができます。

地図を見て移動だと一方通行などの確認もしづらいですが、ドライブナビルート検索で一方通行などの不安を解消できます。

初めて行く場所やあまり通らない所へ行く場合など、有効的に活用しましょう。

 
スポンサードリンク
 

高速の料金ルート検索について

車で移動するときに近場であれば良いですが、距離が離れているところに行く際には高速道路をつかうこともあります。

その際に注意することが、高速道路を使うといっても行き方が複数の経路に分けられていることもあり、安さを取るか時間を取るかで選択肢も違ってきます。

その際には、高速料金が確認できるルート検索を利用しましょう。

高速道路は距離によってかかる料金も違いますが、ナビを使うことにより複数の経路が表示されることがあります。

複数の経路が表示されればその分安い経路も出てくることもあるので、費用を抑えたい場合には安く済む経路を選びましょう。

また、できるだけ早く目的地につきたい場合は、料金優先ではなく距離や時間優先で並び替えることも大切です。

高速料金は安いものではないので、ルート検索をうまく利用して安く済ませることが大切です。

時間に余裕があるのなら、一つ手前のインターチェンジで降りるなど、ちょっとした工夫が必要です。

マピオンドライブルート検索について

マピオンドライブルート検索は、出発地点と目的地を入力することで、最適なルートを表示してくれます。

しかし、ここで注意しなければいけないことが、音声機能やナビ機能がないことです。

そのため、車に乗っているときに、ナビとして使うことができないことに注意しましょう。

マピオンドライブルート検索はナビとして利用はできませんが、便利な機能があります。

それが、経由地を設定できることです。

経由地を設定できることで、最終的な目的地まで行くまでに寄り道をした場合など道順を知ることができます。

経由地は複数設定できるので、便利に使うことができます。

また、有料道路を使用するかどうかの設定、車種を指定することで有料道路を利用するときの料金も車種に合ったものに変えることができます。

ナビ機能や音声機能がないので、スマートフォンなどその都度表示させたり、印刷などして使うことも選択肢の一つです。

ナビ機能がなくても使い方はあるので、臨機応変に扱いましょう。

 
スポンサードリンク